2013年04月23日

新緑が美しい季節に「若葉」はいかがですか

ご無沙汰しました。約150日の休憩になりました。
5ヶ月ぶりの更新になります。
どうしても、この「若葉」が入れたくてビデオ動画ではなく、写真と音源を組み合わせ動画制作になりました。昭和17年国民教科書初等科音楽(二)に掲載された曲になります。
さわやかですね。今の時期に歌ってみたい大好きな歌、季節を感じる曲です。


若葉:松永みやお作詞、平岡均之作曲
1 あざやかなみどりよ
  あかるいみどりよ
  鳥居をつつみ
  わら家をかくし
  かおる かおる
  若葉がかおる

2 さわやかなみどりよ
  ゆたかなみどりよ
  田畑をうずめ
  野山をおおい
  そよぐ そよぐ
  若葉がそよぐ



posted by まっち at 20:41| Comment(0) | わ行:曲名

2012年11月20日

ドイツ民謡 「別れ」とします

久し振りの更新になりました。
今回は大島さんが、まだまだ元気でバリバリの頃のビデオがありました。
歌ごえサロン夕陽丘でいつもラストに歌っていたドイツ民謡、「別れ」です。
日本でもおなじみの曲ですから、歌声喫茶でもよく歌われました。

しかし歌声喫茶の主流になっているともしび歌集「うたの世界533」に掲載されている歌詞とは違う歌詞です。ともしびの詩は山本学治訳となっています。これは原詩らしくドイツの若者が修行に旅立つ物語です。
歌ごえサロン夕陽丘の立ち上げに際し、自前の歌集では歌詞が変更されました。
同じメロディですから、この歌は違和感なく歌えました。それにしても大島さんが元気全開です。自前の歌声喫茶でいかにもいきいきしています。この頃が人生最良の日だったのかもしれません。


◇別れ:ドイツ民謡、岡本敏明訳詞(夕陽丘にて収録)

1さらばさらば わが友
 しばしの別れぞ いまは
 さらばさらば わが友
 しばしの別れぞ いまは
 身ははなれ行くとも 心はひとつ
 いつの日にか また会いみん
 幸(さき)くませ わが友

2さらばさらば わが友
 しばしの別れぞ いまは
 さらばさらば わが友
しばしの別れぞ いまは
 声あわせ歌えや 別れの歌を
 いつの日にか また会いみん
 幸(さき)くませ わが友

3※1番に戻る


posted by まっち at 22:04| Comment(0) | わ行:曲名

2012年08月13日

【歌声の定番】私に人生と言えるものがあるなら

しばらく更新が開いてしまいました。
歌声の歌としては超定番曲でお盆のひとときをお楽しみください。



◇私に人生と言えるものがあるなら:アメリカ民謡、笠木 透詩
※私に人生と
 言えるものがあるなら
 あなたとすごした あの夏の日々
きらめく草の葉に 心がはずみ
野に咲く花に 心が通う

(※ くりかえし)
愛していたのに あなたは消えた
信じていたのに なぜかわからない
(※ くりかえし)
許されるのなら やりなおしてみたい
できることなら あの日にかえりたい
(※ くりかえし)
あなたとすごした
あの夏の日々



posted by まっち at 12:23| Comment(0) | わ行:曲名